労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS お母さんの自由時間

<<   作成日時 : 2006/04/01 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

お父さんのアンペイドワーク」の続編です。

ほっておくと、お父さん(とマスメディア)に非難が集中しそうなので、公平のために、お母さんの自由時間も調べて見ました。

資料は、総務省統計局が発表した「平成13年社会生活基礎調査の特別集計」です。
http://www.stat.go.jp/data/shakai/2001/toku/tokeihyo.htm
(他の表も読んでみられると面白いです。)

条件は、お父さんと同じで、
1 夫婦と子供の世帯
2 夫婦とも雇用者
3 お母さんの年齢は30から39歳
4 平日
です。

ちょっと説明をしておきます。この条件でこの調査の対象となったのは81人です。非常に変わった方が入っていると普通の姿からははずれてしまいます。また、平日が勤務のない日であるお母さん、病気、何か特別な事情で仕事を休んでいたお母さんも調査の対象です。主な仕事をしているお母さんの割合は75.3%でした。4人に一人は主な仕事をしていなかったということです。主な仕事をしていたお母さんだけを取り出して、平均を取ると違った姿になるはずです。また、パートタイムで働いているお母さんとフルタイムで働いているお母さんのどちらも含まれています。

数字は、全員の平均、分で計っています、()の中の数字は家事なら家事をしていたお母さんだけをとったときの平均です。

では、過酷な(あるいは優雅な)お母さんの生活です。


まず、ペイドワークが、313分。お父さんは677分でした。でも、ペイドワークを実際にしたお母さんに限ると401分です。お父さん達との差はパートタイムのお母さんが混じっていることと、残業の差ではないでしょうか。

 このうち主な仕事は、274分です。主な仕事をしたお母さんだけに限ると、363分です。6時間ですね。そして、通勤は、32分と47分です。

次に、アンペイドワークが、343分(351分)。お父さんの平均は24分ですから、14倍ですね。
 
 このうち家事は237分(242分)です。お父さんは10分ですから、23倍です。
 
 育児が39分(82分)お父さんは6分ですから、6.5倍です。「お父さんにしては短いかもしれません」と書いたのですが、育児時間の倍率は小さい方です。お父さん達は家事よりも育児の方がいいのでしょうか?それともお母さんの家事を手伝えという要求は断りたいし、断れるけれど、子供に遊んでといわれるのはいやでなかったり、断りにくかったりでしょうか?

妻より娘の方がかわいい?

 意外だったのは、育児をしていないというお母さんが半分ぐらいいることです。三世代同居ということもあるでしょうが、育児していないときでも育児しているというのが本当でしょう。赤ちゃんをおんぶして掃除をしていたり、歩けるようになれば買い物に一緒に連れて行ったり。一緒に寝て、寝かしつけたり。夜泣きにつきあったり。

 買い物が35分(59分)。お父さんの3分の10倍です。家事関連の移動が29分(52分)。そして、ボランティア活動は3分(52分)。

三番目に学習・研究という項目があるのですが、これは7分(72分)。

四番目が、個人的ケアで、603分(603分)
 このうち睡眠が424分。お父さんの444分に比べて20分短いです。お父さんは朝20分長く寝ているのでしょうか?朝、「あと5分だけ」と思いながら起き出しているお母さんも多いのでは?

他の身体的ケアが63分(64分)。これはお父さんと全く同じです。そして、食事が116分です。

そして、五番目に問題の自由時間があります。

 229分(243分)。

お父さんの178分より長い。

 
 内訳を見ると、まず、社会参加・宗教活動が2分(50分)、交際が29分(76分)。お父さんの30分とほとんど同じです。教養・趣味・娯楽が4分(47分)、スポーツが4分(54分)。休養は、5分(34分)。そして最後に問題のマスメディア利用です。





















 186分(205分)。

 これ、エイプリルフールの冗談ではありません。
 お父さん達の131分を超えています。3時間以上です。テレビ、ラジオ、新聞などマスメディアの皆さん、感謝しましょう。子供がいて雇用されているお母さん達でも、これだけの時間を費やしてくれているのです。皆さんの仕事は、高く評価されています。これからもいい仕事をしましょう。

 さて、ではフルタイムで働いているお母さんだけとったらどうなるか。残念なことに、これは集計されていません。当然、働く時間が増え、通勤時間も増えます。きっと、自由時間、睡眠時間が減っているはずです。
 
 そして、当然、そのようなお母さんの夫であるお父さんのアンペイドワーク、家事、育児などは増え、自由時間は減っているはずです。

当然ですね。

きっと、そうですよね。

多分そうでしょう。

そうでしょう?

そうじゃないでしょうか・・・・。

そうじゃないかと思うのですが・・・・。

そうじゃないという可能性もないことはないですね・・・・。

そうじゃないかもしれませんね・・・・。

まあ、統計局が集計してくれてから、考えてみることにしましょう。

人気blogランキングでは「社会科学」の28位でした。クリックありがとうございました。今日もここをクリック ↓お願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
保育園と幼稚園
「お母さんの自由時間」に逆上がりさんからコメントをいただきました。 ...続きを見る
労働、社会問題
2006/04/04 19:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
うううーむ、うううううーむ、これはどう考えればよいんでしょう平家さん!?しっかし、こんな自由時間は到底ワタシにはないけどなあ…^^;)お母さんたちは一体どうなってるんでしょう。ちなみに「共働き」のほうが夫の家事時間は少ないっていう話をどこかで聞いたことがあるんですが、根拠はありませぬ。

「育児してない」と答えた人の中には、育児時間はほとんど取らず平日は「ベビーシッター」「祖父母」に任せている人もいると思います。あとは、ダンナさんが主夫、っていう家も最近若干ながら増えてるようですね。それと、30代となると子供がかなり大きくなっていて、いわゆる「育児」をしていると認識してない家もあるのかも。
シーラカンス
2006/04/01 22:24
シーラカンスさん、コメントありがとうございます。
フルタイムで働き、通勤時間がそれなりにかかり、旦那様の帰りが遅く、未だ小さなお子さんが二人、保育園の送り迎えも必要、という条件だと自由時間は相当少ないでしょう。やはり、パートタイムのお母さんと平日が休日のお母さんの影響ではないかと思います。
「共働き」の方が家事時間が短いかどうか、調べてみます。
平家
2006/04/01 22:57
初めまして・・
アハハハ・・良く分からない統計ですね・・?
平家さんは数字マジックの天才では(^^ゞ
仮にPTA行事を日中の母親時間に合わせるのでは無く、共働き家庭時間に(PM18時半頃〜)する事が出来たとしたらどーでしょう?
数時間は父親の子供教育時間が増えるのではと思いますが・・・
逆上がり
2006/04/02 20:56
逆上がりさん、ようこそ。
あまり、ドラマのないブログですが、お読み下さい。
行事の時間をどう設定するか、保育園なら未だいいですが、小学校になると保護者間で意見、立場が対立してしまいそうですね。
平家
2006/04/02 22:28
あ、実際それは問題になってますよ。ある小学校PTAの場合(ウチの子が通ってるところではナイ)、通常は仕事を持たない母親のほうが多数派になっていて、そっちの意見のほうが通ってしまい仕事を持つ母親たちにとって恐怖&ストレスになっているそうです。そのへんをうまくやってくれる会長さんや役員さんたちだと互いにスムーズに運ぶんですが。
シーラカンス
2006/04/02 23:32
☆シーラカンスさん
そーですね!今は共働きの家庭が多いにも係らず、保育園よりも
幼稚園の方が多いのが現状ではないでしょうか?
それが、小学校に入り、幼稚園の延長になってるのがPTA役員ではと感じております。
逆上がり
2006/04/03 22:30
逆上がりさん、こんばんは。
4月4日の記事をご覧下さい。同じ年なら、保育園児より幼稚園児の方が多いようです。
平家
2006/04/04 19:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お母さんの自由時間 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる