労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 貿易黒字(バランス)減少

<<   作成日時 : 2006/04/19 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

貿易黒字(バランス)半減」に引き続き、3月上中旬の貿易統計です。http://www.customs.go.jp/toukei/latest/200603b.htm

3月上中旬間での累計額を見ると、貿易収支の黒字(バランス)は、昨年と比べると半分以下に減っています。減少額は、1兆円を超えています。

<caption align="center"貿易収支バランス(百万円、%)</caption>
バランス増加額増加率
2000年10,715,775
2001年6,563,711−4,152,064−38.7
2002年9,881,4503,317,739+50.5
2003年10,186,327304,877+3.1
2004年11,953,3431,767,016+17.3
2005年8,707、152−3,246,191−27.1
2005年3月上中旬まで1,934,537
2006年3月上中旬まで900,943−1,033,594−54.1


注 輸出は、FOB価格、輸入はCIF価格です。輸出入には国境の間を輸送しなければなりません。このため、運賃がかかります。また、運送の際の事故に備えた保険料もかかります。FOB価格には、このような運賃、保険料、輸入関税を含みません。従って、輸出品を日本の港(又は空港)まで運んで引き渡したときの価格です。一方、輸入に使うCIF価格は、日本の港(又は空港まで)運ばれた輸入品の引き渡しを受けるときの価格です。運賃や保険料、輸入関税を含んでいます。輸入もFOB価格にすると、相手国の港(又は空港で)受け取るときの価格で計算することになります。国境間の運賃、保険料の分だけ安くなります。

この表で国際収支統計では、輸出にも輸入にもFOB価格を使っています。従って貿易統計と国際収支統計を比べると輸入額は貿易統計の方が多めに示され、貿易収支の黒字は少な目に示されています。

貿易統計を紹介している理由は二つあります。
まず、発表が早いことです。もう一つは、日本国内の雇用への影響ではこちらの方がいいと思われるからです。というのは、海上交通などには、日本人があまり従事していないからです。

このように、黒字は減っていますが、輸出は16%増えています。輸出企業は生産も売り上げも伸びていますから、景気が悪いとは感じないはずです。
<caption align="center">輸出(百万円、%)</caption>
輸出額増加額増加率
2005年65,656,544
2005年3月上旬まで12,840,979
2006年3月上旬まで14,900,7652,059,78616.0


では、なぜ黒字が減っているのかといいますと、輸入が3割近く増えていっているからです。原油や原料中心で、国内市場を外国製品に奪われている訳ではありません。

<caption align="center">輸入(百万円、%)</caption>
輸入額増加額増加率
2005年56,949,392
2005年3月上中旬まで10,906,442
2006年3月上中旬まで13,999,8223,093,38028.4


前回も書いたのですが、このような黒字の縮小は国内の購買力の低下という形で、必ず影響を与えます。原油や原材料の値上がり収まる気配がありません。注意が必要です。

人気blogランキングでは「社会科学」の25位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「貿易黒字(バランス)減少」について
「貿易黒字(バランス)減少」の続きです。3月の貿易統計です。http://www.customs.go.jp/toukei/latest/200603c.pdf ...続きを見る
労働、社会問題
2006/04/22 19:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
貿易黒字(バランス)減少 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる