労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 「経常収支」と「資本収支」

<<   作成日時 : 2006/05/28 11:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

外国への投資?その1」に「あたろう」さんからご質問がありました。

「日本に住んでいる人がアメリカに在る銀行に100万円預金したら日本の経常収支はその分100万円赤字になると計算するのでしょうか。」というお尋ねです。

国際収支は大きく「経常収支」と「資本収支」に分けられます。

「経常収支」は、その年に生産されたものの取引です。もの、例えば自動車の場合もありますし、運賃のようなものもそうです。そして、金融関係では利子、配当などの「元手」てを運用してその年に得られた収入も「経常収支」に含まれます。

これに対して「元手」である預金や債券、株式の取引は「資本収支」に含まれています。

お尋ねのように、日本に住んでいる人間が外国にある銀行に預金をすると、これは「元手」を日本から移したことになります。ですから、これは「資本収支」にカウントされます。「経常収支」には含まれませんので、日米どちらの「経常収支」影響しません。

「資本収支」では日本からアメリカへの資金(資本)の流出ですから、日本の「資本収支」では100万円の赤字、アメリカの「資本収支」では100万円の黒字です。

日本に資金の余裕があって、預金するのに「赤字」というのは妙に思われるかもしれませんが、国際収支では、お金がでていくときはものを買う場合も、元手を出すときも、すべて「赤字」、入ってくるときは「黒字」と約束してあります。

なお、この100万円の預金に対して、将来、利子が払われますが、「利子」の支払いは「経常収支」にカウントされます。利子はアメリカから日本に住んでいる人への支払いですから、支払われた時、日本の「経常収支」は「黒字」、アメリカの「経常収支」は「赤字」になります。

このように、現在の「資本収支」の「赤字」は、将来の「経常収支」の「黒字」の元です。ただ、預金したアメリカの銀行がつぶれて利子を払ってくれないと、将来の黒字にはなりません。

人気blogランキングでは「社会科学」の29位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょうどわからなかったことの周辺の話題だったもので、質問させていただきたいのですが、たとえば輸出品の代金を輸出先の外国銀行にある預金口座で受け取ったようなときと、日本の銀行口座にそれが入ったようなときに、資本収支の記帳のしかたは変わるのでしょうか?借方と貸方というのがまだぴんとこないので。。。的外れな質問かもしれないのですが。。。
通りすがり
2006/07/08 17:56
通りすがりさん、ようこそ。
これは、輸出という経常取引ですから、記帳は経常収支のみです。経常取引の結果、資産は変化しますが、これは資本取引ではなく、資本収支の記帳は発生しません。
平家
2006/07/13 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
「経常収支」と「資本収支」 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる