労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS リフレ政策の検討 その11−合理的期待形成2−

<<   作成日時 : 2006/05/07 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

リフレ政策の検討 その10−合理的期待形成1−」では、現在の問題しか扱わない場合のことを考えましたが、人間には将来というものがあります。

この場合、現在どのように行動するかを決めるときに、将来のことを考慮に入れる必要があります。

将来といってもいろいろあるのですが、一番簡単な例として「週」を考えることができます。例えば「今日」が水曜日だとします。「週末」には、映画に行こうとか、ドライブに行こうとか、食事をしにいこうとか、買い物に行こうと計画しているので、今日はお金があっても映画、ドライブ、食事、買い物に行かないことにしよう。こう判断している人は将来を予想して現在の消費を決めています。遊園地の売店では、週末前には仕入れを多くしておくでしょう。

もう少し長い単位を考えると、月でしょうか。
月給制の労働者なら、給料をもらってもすぐに使わず、次の給料日までのことを考えて使うでしょう。これも将来のことを考えて現在の支出を決める例です。

季節というのもあります。冬が来る前に、冬支度をしなければならにと思えば、そのための費用を取っておくでしょうし、冬が来る前に買い物を済ますでしょう。衣料を売る店なら冬が来る前に冬物を仕入れ、売り始めるでしょう。

1年に1かいおこるものもあります。正月、ゴールデンウィーク、クリスマス、大晦日。企業であれば決算もありますね。これらを予想して様々な経済活動が行われます。

さて、これらの予想が当たれば、特に計画を変更する必要はありません。予想と違う状況になった時だけ、予定を変更するのです。計画とは違う行動をとるのは、予想が外れたときです。
ただし、計画を立てる時に、基準にしていた評価の基準そのものが変われば話は別です。

さて、今回挙げた例は基本的には、比較的規則的で、将来のことといってもほぼ確実です。問題は不確実な未来です。遠い未来ほど不確実で、予想は困難です。

(続く)

人気blogランキングでは「社会科学」の23位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リフレ政策の検討 その11−合理的期待形成2− 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる