労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月の貿易収支黒字幅は再び縮小

<<   作成日時 : 2006/11/28 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

8月は貿易収支の黒字が2005年8月の2倍近いものになり、9月(速報)も貿易黒字が改善していました。2ヶ月続いて改善をしていたのですが、10月(速報)は、再び貿易黒字幅が縮小しました。2005年10月に比べ、24.8%の減少です。

9月も貿易収支黒字幅は改善」では、「黒字幅縮小という基調が転換しつつあるのかもしれません。景気にとってはプラスです。」と書いたのですが、どもそうとは言い切れないようです。

10月までの累計額を見ると、貿易収支の黒字(バランス)は、昨年と比べると16%ほど減っています。減少額は、1兆1千億円ほどです。この調子で行くと2006年の貿易収支の黒字は7兆円代半ばになりそうです。もしそうなれば、相当低い水準に戻ってしまうものの、2001年の6兆6千億円よりはましと言うことになります。

<caption align="center"貿易収支バランス(百万円、%)</caption>
バランス増加額増加率
2000年10,715,775
2001年6,563,711−4,152,064−38.7
2002年9,881,4503,317,739+50.5
2003年10,186,327304,877+3.1
2004年11,953,3431,767,016+17.3
2005年8,707、152−3,246,191−27.1
2005年10月まで7,204,427
2006年10月まで6,079,168−1,125,259−15.6


注 輸出は、FOB価格、輸入はCIF価格です。輸出入には国境の間を輸送しなければなりません。このため、運賃がかかります。また、運送の際の事故に備えた保険料もかかります。FOB価格には、このような運賃、保険料、輸入関税を含みません。従って、輸出品を日本の港(又は空港)まで運んで引き渡したときの価格です。一方、輸入に使うCIF価格は、日本の港(又は空港まで)運ばれた輸入品の引き渡しを受けるときの価格です。運賃や保険料、輸入関税を含んでいます。輸入もFOB価格にすると、相手国の港(又は空港で)受け取るときの価格で計算することになります。国境間の運賃、保険料の分だけ安くなります。

この表で国際収支統計では、輸出にも輸入にもFOB価格を使っています。従って貿易統計と国際収支統計を比べると輸入額は貿易統計の方が多めに示され、貿易収支の黒字は少な目に示されています。

貿易統計を紹介している理由は二つあります。
まず、発表が早いことです。もう一つは、日本国内の雇用への影響ではこちらの方がいいと思われるからです。というのは、海上交通などには、日本人があまり従事していないからです。

累計で見れば黒字は減っていますが、輸出は15.5%と高い伸びとなっています。
<caption align="center">輸出(百万円、%)</caption>
輸出額増加額増加率
2005年65,656,544
2005年10月まで53,405,908
2006年10月まで61,665,5008,259,59215.5


輸入は20.3%増えています。原油や原料中心です。

<caption align="center">輸入(百万円、%)</caption>
輸入額増加額増加率
2005年56,949,392
2005年10月まで46,201,481
2006年10月まで55,586,5719,385,09020.3



<caption align="center">原油、粗油の輸入(百万円、%)</caption>
輸入額増加額増加率
2005年8,823,323
2005年10月まで6,976,976
2006年9月まで9,707,7162,730,74639.1



原油、粗油の輸入額は、39.1%増加しています。量は0.2%しか増えていません。ほぼ横這いです。1リットルあたりの単価が34.1円から47.4円へ13.2円、38.8%高くなっています。

1月から10月までの輸入の増加の29%は、原油、粗油の輸入の増加によるものです。

今後の見通しですが、前回も書きましたが、明るい材料として原油の国際相場が反落したことが第一です。7月にはNYで原油の先物は1バレル80ドル近くになりましたが、現在は60ドルぐらいです。日本では2005年10月の単価が42.7円でした。今年10月の単価は47.8円です。上げ幅は5.1円、上昇率は12%まで小さくなりました。今後、円建ての単価が安定すれば、貿易バランスへの影響は小さくなっていくはずです。

これにより交易損失が減っていけば、生産の拡大に所得の拡大が近づいていきます。

人気blogランキングでは「社会科学」の23位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「10月の貿易収支黒字幅は再び縮小」について
「10月の貿易収支黒字幅は再び縮小」について 10月は貿易収支の黒字が前年同月25.6%減少したのですが、11月(速報)は大幅な拡大です。54.1%も増加しました。 ...続きを見る
労働、社会問題
2007/01/08 17:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
直接、関係の無いコメントで恐縮なのですが、政治テーマのブログには、あまり近付きたく無いものですから、若干の失礼は承知でここで・・・。
企業が(回復した)儲けをどこに配分するのが良いのかって言うのは非常に古いテーマなわけです。価値観他が非常に多様化した現代においては、多分、さまざまな企業に一律に『方針』を押し付けるのは誤っているのでしょうが、そういった『それぞれの企業に適した方針を提示する』っていうことは政治のありかたとして、というより、経済学が示しうる方針としてありえないものなのでしょうか?政治が経済学者の意見に傾聴するようになって久しいですが、企業への個別指導っていう考え方について、何か参考になる意見や書籍があったら教えていただけないでしょうか。
経済が複雑系だっていう『予想』からすると、個別指導しか方法が無いような『気がする』んですが、それでは経済自由の原則を崩すようだし、どう考えていいか素人には、歯が立たないんです。
ただ、あまり専門的過ぎない奴を(笑)。
廣瀬_敏之
2006/12/04 04:21
廣瀬さん、経済学の主流派には企業への個別指導というのには非常に値がティヴだと思います。あるとしたら、ドイツ的な幼稚産業保護的な発想でしょうね。
参考書としては『経済政策基礎論』有斐閣 有斐閣BOOKS448
がいいと思います。厚生経済学という範囲に限定されない視野の広い本ですし、初学者用に書かれています。
平家
2006/12/05 19:41
値がティヴ→ネガティヴです。すいません。
平家
2006/12/05 19:43
平家さん、Re:コメント感謝。
やはり個別指導、ってのは『学問的』じゃないのかな(汗)。
とにかく、そのご本、ネット本屋さんで入手するか、区立図書館で検索してみますね。ありがとうございました。
廣瀬_敏之
2006/12/06 02:07
ネット本屋さんで検索したら、出版したばかりのご本のようで、区立図書館では見つからなかったかもしれません。遅くとも今度の日曜(06/12/10)には到着する様子。
短期間で読める本ではなさそうですが、可能な限り感想(読書感想文なんて書くべき本じゃないぞ、って声もありそうですが)をブログに書くつもりです。
廣瀬_敏之
2006/12/07 02:37
『経済政策基礎論』読み始めました。2章まで読み終わりました(全10章)が、知らないことがいっぱい詰まっている感じです。ただ人名とその業績が軽く触れられているに過ぎない経済学の先生が多く出ており、少し戸惑っています。統計学について似たような趣旨の本があれば、似たような事になるとはわかっているつもりですが、それでも戸惑っております(笑)。
ただ、現在の経済政策の出所のいくつかについて、その泉元を垣間見たような気がしてうきうきしているのも確かですが・・・。
廣瀬_敏之
2006/12/13 02:31
短期間で読んでしまわれそうですね。第1,2章はとてもいいレビューだと思います。感想文を楽しみにしています。
平家
2006/12/13 21:51
『経済政策基礎論』読み終わりました。
現在の経済的施策の多くの背景を初めて知った、のが最も強く『感じた』事です。
ただ、1つ1つの施策の背景を知ったというだけで、その背景に『何か統一的な背景』があるのかどうかよく分かりませんでした。それとも全体の背景などというものはなくて細かな施策の寄せ集めが『施政』というものなのでしょうか?縦割り行政の弊害、などという言葉がありますが、そのあたりが人間のやる民主的な政府の限界なのでしょうか?
上の二つの疑問符は、経済学に対するものではないので、ご返事はなしで構いません。それでもこの本が、これからの『日本の政治』の選択を(政党の選択、でない点にご注意)有権者として考える上で重要な本であった事に変わりありません。
ただ10章は“これから”を考える上で重要な内容を含んでいるという印象がありますが、何か「無理に付け足した」感じで「不消化な」印象を受けました。つい先日、PKO活動のNPO活動家のインタビューをNHK−BSで見ましたが、それとあわせて考えると、このテーマ、まだこれから、の感があります。繰り返しますが極めて重要だと思うのですが・・・。
廣瀬_敏之
2007/01/03 04:01
廣瀬さん、お疲れさまでした。私にも経験があるのですが、自分がやっているのと全然違う分野の本を読むというのは、すごく疲れるものです。
経済政策をもっと追求されますか?もし、最初のご疑問に立ち返って市場の機能とそこへの介入の問題を追求されるなら、岸本哲也『公共経済学』有斐閣などいかがでしょう。別に有斐閣の手先ではないのですが。
冗談はさておき、第10章の性格は4節の題名「新たな・・・・を求めて」が良く表していると思います。明確な結論の出ていないことを、こういう課題があるんだと示しているのだと思います。その意味で、他の章とは意味が違うと思います。
読書感想文のアップをお待ちします。
平家
2007/01/04 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月の貿易収支黒字幅は再び縮小 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる