労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS それほどアニマルではなかったかもしれないアメリカ商業銀行

<<   作成日時 : 2009/10/02 21:13   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

3ヶ月後の「あまりにもアニマルなアメリカ商業銀行」」で「アメリカの商業銀行の「アニマル・スピリット」に満ちた「レバレッジ経営」も、1−3月の循環表を見ると、修正されつつあるようです。」と書いたのですが、4−6月の資金循環表が発表されて、びっくり仰天です。

過去にさかのぼって数字が大幅に修正されています。

(注)ここで商業銀行というのは、U.S.-Chartered Commercial Banksのことです。

「金融資産のほうが負債より少ないので、びっくり仰天していた」のですが、なんと逆転しています。

2004年末         マイナス5,264億ドル⇒プラス2,018億ドル
2005年末         マイナス5,188億ドル⇒プラス2,691億ドル
2006年末         マイナス5,487億ドル⇒プラス4,253億ドル
2007年末         マイナス6,375億ドル⇒プラス4,700億ドル
2008年第1四半期末  マイナス5,555億ドル⇒プラス4,578億ドル
2008年第2四半期末  マイナス5,419億ドル⇒プラス5,178億ドル
2008年第3四半期末  マイナス3,838億ドル⇒プラス7,644億ドル
2008年末         マイナス1,787億ドル⇒プラス9,360億ドル
2009年第1四半期末  マイナス1,234億ドル⇒プラス8,669億ドル
2009年第2四半期末(今回追加)          プラス8,076億ドル

1兆ドルも変わるとは一体どういうことでしょう?

金融資産は、1兆18億ドルまで減っています。なお、金融資産÷(金融資産−金融負債)を計算すると12.4倍です。一番高かったのは2004年末の34.0倍ですから、ずいぶんレバレッジを聞かさなくなったものです。保守化といってもいいでしょう。
保守化という点では、国債(Treasury securities)残高が、827憶ドルに増加しています。ただ、不動産担保の債権を証券化した債券(Agency−and Government−Sponsored−Enterprises−backed securities)も増えています。なんだか妙な具合です。

3ヶ月経ったら、また大修正でなければいいのですが。

ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では28位でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
取り付けに身構えている?アメリカ商業銀行
「それほどアニマルではなかったかもしれないアメリカ商業銀行」の続きです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2009/10/18 19:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それほどアニマルではなかったかもしれないアメリカ商業銀行 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる