労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 長く続く介護はつらい

<<   作成日時 : 2009/12/30 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

厚生労働省から「第4回中高年者銃弾調査」の結果が発表されました(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/judan/chukou09/kekka1-2.html)。

図4では過去少なくとも4年間連続して介護をしている方(ずっと介護している)、過去1年だけ介護をしている方、過去4年間介護をしていない方(ずっとしていない)の精神状態の比較がおこなわれています。

両極だけとると、このようになっています。そのように感じた方の割合(%)とオッズです。


過去4年間の介護の状況
感じたことずっと介護をしているかた(A)ずっと介護をしていない方(B)オッズ(A)÷(B)
神経過敏に感じた64.745.91.41
絶望的だと感じた35.123.51.49
そわそわ落ち着かなく感じた51.335.11.46
気分が沈みこんで何が起こっても気が晴れないように感じた57.140.91.40
何をするのも骨折りだと感じた55.541.71.33
自分は価値のない人間だと感じた29.722.81.30


オッズをみると、どの項目をとっても介護を続けている方の精神的な負担が大きいことが分かります。長く続く介護は大変なのだと思います。

介護をしている方ははたから見れば「価値のない人間」とは言えないと思いますし、ご本人も「自分は必要とされている」と感じているのではないかと思うのですが、これは甘い観測であるようです。

また、「絶望的」と感じる方のオッズが1.49というのも相当なものです。

こういう介護の負担を減らすために介護保険があります。が、いろいろな問題があるようで、人手不足になっているようです。

本来、成長戦略を考えるのであれば、本人からみても世間から見ても切実なニーズを、お金の裏付けのある「需要」に変換することが大事だと思います。それが、政府の役割でしょう。うまく調整が図られることを祈ります。

ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では29位でした。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
介護,厚生労働省,高齢者,障害者,自立支援,児童福祉,介護保険
介護は厚生労働省が所轄し、すべての国民が平等に生活できるために高齢者や障害者の自立出来るように支援したり、児童の福祉が護られるように、介護する制度です。 ...続きを見る
YouTubeで見る介護情報
2010/01/22 05:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長く続く介護はつらい 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる