労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS システムエンジニア、プログラマーの賃金

<<   作成日時 : 2009/12/20 17:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

プログラマーのきよひこさんが、「プログラマーの年収」で、「そのうち(プログラマーの)年齢別データもどこか探してみよっ!」と書いてられます。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査で、システムエンジニア、プログラマーの年齢別賃金が公表されています。
こんな数字です。

男性のシステムエンジニア、31から34歳
決まって支給する給与 361.0千円。このうち所定内給与が306.3千円
前年の特別給与が1,061.4千円

これから決まって支給する給与×12+特別給与で試算すると、年収は5,393.4千円です。

ただ、賃金構造基本調査は決まって支給する給与(残業代を含みます)は6月分です。システムエンジニアの場合、納期の関係で特に忙しくなる月があるような気がします。6月がそれに当たっていれば高め、そうでないと低めになるでしょう。実際はどうなんでしょう?

男性のプログラマー、31から34歳
決まって支給する給与 318.4千円。このうち所定内給与が276.6千円
前年の特別給与が622.0千円

同じように試算すると、年収は4,442.8千円です。

所定内給与の格差よりも、特別給与の格差のほうが大きいですね。

他の年齢も載っています。他の職種もあります。ご自身のものと比較したい方は、次のようにしてください。

1 厚生労働省のホームページ
http://www.mhlw.go.jp/

2 ホームページの一番左の欄の中ほど「お知らせ」の一番下の「統計調査結果」をクリック

3 「○ 分野別一覧」をクリック

4 「8.賃金」をクリック

5 上から三番目の「賃金構造基本統計調査(全国)」をクリック

6 右側の「調査結果」の一番下「統計表一覧」をクリック

7 ちょっと下の「平成20年賃金構造基本統計調査」の「一般労働者」の「職種」をクリック

8 表番号2をクリック


こうするとエクセルの表が出てきます。

男性のシステムエンジニアは、74行目から、プログラマーは100行目からです。

参考になったでしょうか?

クリックをお願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では41位でした。


、プログラマー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まじめに仕事をすることがバカらしくなってくるような職場環境っていったい何なのだろ...
■まじめに仕事をすることがバカらしくなってくるような職場環境っていったい何なのだろうか。ここでいう「まじめに」の定義はシステムエンジニアとして利用者部門の要求にそった品質・納期でシステムを開発することだ。この環境に適用してまじめに仕事をしないことに慣らされてしまうということは、市場価値の低い人材になり下がってしまうということだ。そうなってしまうことは僕の自尊心が許さない。 ...続きを見る
愛と苦悩の日記
2010/01/22 00:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
早速掲載頂いているリンク先の資料を見てグラフを作ってみたところ、基本的には年功型のグラフになりました。
特別給与の方が格差が大きいのは、基本給を年功色を強めにして、専門部分は特別給で…という配分の結果なのではないかと思います。
忙しい月は受注する業種によって、SE・PG内でもかなり差が出そうに思います。
わたしの業種は大型機械の制御計算ですが、季節依存はあまり無いような気がします。
情報ありがとうございました。
きよひこ
2009/12/21 02:12
きよひこさん、ようこそ。
どういたしまして。プログラマーのことを業界ではPGというのですね。はじめて知りました。
基本給は生活費でもあるので、あまり下げられないが、特別給与は差をつけても大丈夫ということかもしれません。
では。
平家
2009/12/21 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
システムエンジニア、プログラマーの賃金 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる