労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金をもらえるまで生きていられるか?

<<   作成日時 : 2010/07/31 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成17年 簡易生命表」から、久しぶりに寿命の話題です。

時々、「年金もらえるまで生きていられるの?」とか、「どうせ年金もらえるまで生きてないから。」といった声を聞きます。

年金支給開始年齢は65歳です。厚生労働省が「平成21年 簡易生命表」を発表したので、20歳、30歳、40歳・・・と10歳刻みで、65歳まで生きる確率を計算してみました。

「65歳まで生きる確率(%)」
年齢女性男性
20歳94.087.3
30歳94.387.8
40歳94.888.6
50歳95.890.4
60歳98.195.2


(注)この確率は、簡易生命表の65歳の「生存数」を各年齢の「生存数」で割ったものです。

65歳まで生きる確率が最も低いのは、年金加入年齢の20歳です。それでもしぶとい女性なら100人に94人、生き抜く力の弱い男性でも100人に87人は65歳まで生きます。年金をもらえないかたよりもらえる方のほうが圧倒的に多いです。

ついでに65歳時点での平均余命、つまり65歳に達した人が平均してあと何年生きるか、は「こちら」にあります。女性23.97年、男性18.88年です。


ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では16位でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年金をもらえるまで生きていられるか? 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる