労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 来春の賃上げを考える その3

<<   作成日時 : 2013/10/22 07:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

今回は、「来春の賃上げを考える その2」で予告した通り、2008年第二四半期の状況を検討します。

賃金、雇用、賃金収入の状況(対前年同期比%)
項目フルタイム労働者パートタイム労働者合計
常用雇用2.23.62.5
現金給与総額0.30.40.0
所定内給与0.20.4−0.1
所定内労働時間−2.2
1時間当たり所定内給与2.6
賃金収入2.54.02.5


この期にはフルタイム労働の常用雇用がかなりの増加を示していました。また、フルタイム労働者の現金給与総額、所定内給与もわずかですが増加していました。賃金収入も増加していました。パートタイム労働者でも同じです。特に1時間当たり所定内供与は2.6%という高い伸びを示していました。

平均すれば所定内給与は微減ですが、これはパートタイム労働の増加率がフルタイム労働の増加率を上回っていたためです。

前回の説明と合わせて言えば、次のようになります。
@この間に景気は回復したもののフルタイム雇用が減っていたために実感がわかなかった。
Aしかし、最後の段階ではフルタイム雇用が増え始めていた。

残念なことにリーマンショックによりこの景気回復には終止符が打たれ、フルタイム雇用は再び減少します。ショックがなく、景気回復が続いていれば、実感できる回復になっていたのだろうと思っています。

なお、フルタイム雇用が増えだすまで長い助走期間が必要だったのは、1997年の金融危機、アジア通貨危機などによる打撃が日本経済の芯まで響くものであったからだと思います。

リーマンショック後の課題は、まず、2008年第二四半期ぐらいまで雇用や賃金を回復させること、特に、フルタイム労働の雇用を回復させることです。これができれば、リーマンショックの前に戻って回復経路をたどる可能性が高くなるからです。

では、現在、どこまで回復したのでしょうか?次回はこれを検討します。

人気blogランキングでは「社会科学」の32位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
来春の賃上げを考える その4
「来春の賃上げを考える その3」に続いて、5年後の2013年4-6月期までにどこまで回復したかを見てみます。 ...続きを見る
労働、社会問題
2013/10/23 08:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
来春の賃上げを考える その3 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる