労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 貿易収支は改善している

<<   作成日時 : 2015/07/25 20:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2015年7月24日の日本経済新聞朝刊によると、「民間エコノミストの間で4〜6月期の国内総生産(GDP)が前期比マイナスになるとの見方が広がっている。財務省が23日発表した4〜6月期の貿易統計(通関ベース、速報値)で、輸出が伸び悩んだためだ。」そうです。

果たして、そんなことがあり得るのでしょうか?

GDPと通関統計には実質と名目など様々な差があって、イコールでは結べません。しかし、実績は次の通りです。

貿易収支 (億円、%)
期間2015年2014年
1−3月△13,79650,51336,717
4−6月△3,45525,76822,313
10,34124,746△14,405


季節調整などの要因もあり、はっきりしたことは言えませんが4−6月の貿易収支は1−3月に比べて1兆円以上改善しています。これがマイナス要因になるとは思えないのですが。

人気blogランキングでは「社会科学」の16位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!初めてコメントさせていただきます!

GDPの外需がマイナスになるのは、物価上昇分を除いた実質貿易収支だからですね。

1〜3月に比べ、明らかにマイナスです。
はるこ
2015/07/31 03:07
はるこさん、ようこそ。
私は記事を名目GDPの増加率と読んだのですが、実質かもしれませんね。おっしゃる通り、その場合、価格の変動を除いたものでみるべきです。ただ、明らかにマイナスなのでしょうか?貿易統計で数量指数をみると、輸出は1−3月平均90.3から4−6月平均89.5に低下していますが、輸入も103.9から99.9に低下しています。差をとるとどういうことになるのか、私にはよく分かりません。
もし、価格変動(主に輸入価格の低下だと思いますが)ゆえにGDPの伸び率がマイナスであったとしたら、交易条件の改善に伴う交易利得が発生し、GDPにこれを加えたGDIは増加する可能性があると思われます。この場合には所得が増えているので、景気の先行き(これをエコノミストの皆さんは懸念されているのではないかと思います。)には不安がないということになろうかと思います。
また、コメントをお願いします。
平家
2015/07/31 10:00
実質貿易収支
2010年=100

1月40.50336419

2月−69.60892982

3月42.82717113

4月−1.710584793

5月−25.41879698

6月−17.8350218

明らかにマイナスですね(´・ω・`)




はるこ
2015/07/31 11:07
はるこさん、データの提供ありがとうございます。
このデータは、どこが作って、どこに発表しているものでしょうか?
平家
2015/07/31 11:56
日銀です。
時系列統計データ検索サイトで検索して、そこの月次で実質輸出入、輸出入物価指など色々出てきます。色々データが見れて便利ですよ(((o(*゚▽゚*)o)))
はるこ
2015/07/31 12:05
スパム扱いされるのでうらる貼れなくてすみません…
はるこ
2015/07/31 12:12
はるこさん、どうもありがとうございました。
平家
2015/07/31 12:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
貿易収支は改善している 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる