労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 販売側からみた消費 一昨年との比較12月

<<   作成日時 : 2016/01/21 15:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

販売側からみた消費 一昨年との比較 11月」で書いたように、11月分はすべて水面下でしたが、12月はコンビニが水面上に出ました。

小売店の販売額の変化 前前年同月比(%)>
百貨店チェーンストアコンビニ
4月0.61.61.7
5月1.83.40.8
6月△4.2△2.5△1.3
7月0.8△0.20.5
8月2.41.9△0.7
9月1.11.90.0(19.3)
10月2.00.91.4(14.0)
11月△3.7△1.7△0.8(16.3)
12月△1.6△0.80.2(18.5)


百貨店、チェーンストアについては、(1+14年の店舗数調整後売上変化率)×(1+15年の店舗数調整後売上変化率)−1で変化率を求めています。
コンビニエンスストアについては、(1+14年の既存店売上変化率)×(1+15年の既存店売上変化率)−1で変化率を求めています。
コンビニエンスストアの()内はサービスの売り上げです。

すべて売上高には消費税を含みません。

来月の一昨年は2014年1月分で、駆け込みの影響も大きくひかくしてもいみがよくわかりませんので、一昨年との比較は今回で終了にします。



人気blogランキングでは「社会科学」の14位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
販売側からみた消費 昨年との比較6月
消費の動きを販売側から見てみようと思います。「販売側からみた消費 一昨年との比較12月」とは異なり、昨年との比較です。販売側から見た統計の場合、通常、売った相手が個人なのか企業なのかは分かりません。買い手が家計であれば消費ですが、企業であれば中間投入か投資です。GDP統計の消費とは一致しませんし、家計の消費とも一致はしません。大体の動きを追えるだけです。販売した商店でも個人が買ったのか企業が買ったのか分からないことがあるはずです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2016/07/21 19:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
販売側からみた消費 一昨年との比較12月 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる