労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 雇い負け

<<   作成日時 : 2016/01/24 15:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0

経団連調べの初任給です。大手企業が中心といえるでしょう。http://www.keidanren.or.jp/policy/2015/090.pdf

図表3−2で大学卒業者の初任給を見ると、211,562円で初任給の上昇の大企業よりやや高めです。上昇率は0.97%で、こちらもやや高めです。規模が大きいほど水準も上昇率も高めということでしょう。

上昇率は、2005年以降では最高で、リーマンショック前を上回っています。

図表1−2を見ると、初任給を引き上げた企業の割合は57.9%で、やはりリーマンショック前を上回っています。

なぜこうなっているかというと、図表2にある通りの理由ですが、2年前と比べると、「人材を確保する観点から決めた」が、8.8%から14.3%へ5.5ポイント上がっているのが目につきます。大手企業では採用意欲が高まっているといえるでしょう。

いい労働条件を提示する大手企業が採用意欲を高めると、学卒者をとれない企業、いわば雇い負け企業が出てきます。それは、労働市場が好転してきている証であり、悲しむべきことではありません。対策を講じるべきなのはその企業であり、国ではありません。

人気blogランキングでは「社会科学」の11位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
例外的「雇い負け」対策
「雇い負け」について で、「対策を講じるべきなのはその企業であり、国ではありません。」と書きましたが、一つ例外があります。 付加価値の生産性もそれなりにあり、労働者もきちんと処遇しているが、知名度が低い、あるいは、広告などを出す余裕がないため企業の情報を労働者に伝えられない、そのために雇い負けしている企業があります。主に中小企業です。この場合、企業と労働者の間に情報の非対称性が発生していることになります。 ...続きを見る
労働、社会問題
2016/01/25 07:42
ポジティヴな人手不足 対策は不要
しばしば語られる人手不足のストーリーは次のようなものである。 1 少子高齢化が進み、生産年齢人口が減る。 ...続きを見る
労働、社会問題
2016/02/27 11:57
15歳から24歳 学生アルバイトは減っていない
「人的資本の生産が増えているかもしれない根拠 15歳から24歳非正社員」で取り上げた非正社員のうち、在学中で、仕事がアルバイトだといっている者を抜き出してみました。世間で流布しているイメージとは少し違う結果が。 ...続きを見る
労働、社会問題
2016/03/20 12:38
15歳から24歳 学生アルバイト以外の非正規労働者は増えている
「15歳から24歳 学生アルバイトは減っていない」では学生アルバイトが減っていない事を示しました。学生アルバイト以外の非正規労働者は増えています。 ...続きを見る
労働、社会問題
2016/03/20 12:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雇い負け 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる