労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年11月確報)

<<   作成日時 : 2018/01/23 11:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

常用労働者数の計算方法をリニューアルしました。これまでは月末労働者数で計算していたのですが、今回から前月末労働者数と当月末労働者数の平均にかえました。労働投入、賃金収入もこれに合わせて変更しました。これによって、労働投入、賃金収入の計算が自然なものになります。「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年10月速報)」以前のものとは断絶が発生しています。

常用雇用は、2%台後半の安定した増加を続けています。パートタイム労働者数は3%増加しています。人数という点から見れば供給が頭打ちになっている気配はありません。


常用雇用の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
16年10月2.21.63.0
11月2.21.82.8
12月2.21.82.8
17年1月2.22.02.5
17年2月2.32.12.7
17年3月2.42.12.9
17年4月2.52.42.7
17年5月2.72.63.0
17年6月2.72.63.1
17年7月2.72.62.8
17年8月2.62.62.6
17年9月2.62.62.6
17年10月2.72.72.9
17年11月2.72.73.0


〔 〕は速報。

総実労働時間には、カレンダー効果はありません。、全体では0.2%の増加です。フルタイムが0.6%増加し、パートタイム労働者は1.0%減少でした。短時間しか働かないパートタイム労働者へのシフトが進んでいます。

総実労働時間の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
16年5月△0.8△0.2△2.1
6月△0.30.2△1.7
7月△2.5△2.5△2.4
8月△0.8△0.3△2.2
9月0.41.1△1.5
10月△0.9△0.5△2.3
11月△0.10.3△1.7
12月△0.20.2△1.6
17年1月△1.1△0.6△2.0
17年2月△0.5〔△0.3〕0.0〔0.1〕△2.2〔△2.0〕
17年3月△1.7〔△1.9〕△1.5〔△1.7〕△3.1〔△3.5〕
17年4月△0.7〔△0.5〕△0.3〔△0.3〕△1.4〔△1.7〕
17年5月1.0〔1.2〕1.7〔1.6〕△0.7〔△1.0〕
17年6月0.1〔0.1〕0.4〔0.3〕△1.0〔△0.9〕
17年7月△0.4〔△0.5〕△0.2〔△0.2〕△1.4〔△1.9〕
17年8月△0.8〔△0.7〕△0.6〔△0.6〕△1.3〔△1.6〕
17年9月0.0〔0.0〕0.1〔0.0〕△1.1〔△1.4〕
17年10月0.8〔0.8〕1.2〔1.1〕△1.0〔△1.4〕
17年11月0.20.6△1.0


労働投入の伸びを計算すると、全体では2.9%の増加でした。フルタイムが3.3%、パートタイムでも2.0%の増加でした。パートタイム労働者の労働時間の短縮傾向は変わらないものの、常用労働者数増加しています。個々でも労働供給の頭打ちという傾向はうかがえません。フルタイム化が進み、時間当たり賃金の押し上げ要因になっています。

総労働投入の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
16年10月1.21.10.6
11月2.12.11.0
12月2.02.01.2
17年1月1.11.40.5
17年2月1.82.10.4
17年3月0.70.6△0.3
17年4月1.82.11.2
17年5月3.74.32.2
17年6月2.83.02.1
17年7月2.32.41.3
17年8月1.82.01.3
17年9月2.62.71.5
17年10月3.63.91.8
17年11月2.93.32.0


現金給与総額は、全体では名目0.9%の増加となりました。実質賃金も0.1%増加です。フルタイム労働者の名目賃金は0.8%の増加、パートタイム労働者のものも1.0%の増加です。基調としては小幅な増加が続いていると言えるでしょう。なお、パートタイム労働者の1時間当たり所定内給与は2.0%の増加でした。

名目賃金の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
16年5月△0.1(0.4)0.20.0
6月1.4(1.9)1.80.2
7月1.2(1.6)1.6△0.8
8月0.1(0.6)0.5△1.7
9月0.0(0.5)0.5(1.0)△0.1(0.4)
10月0.1(△0.1)0.4△0.2
11月0.5(△0.1)0.7△0.2
12月0.5(0.1)0.90.0
17年1月0.3(△0.1)0.40.0
17年2月0.4(0.0)0.4〔 0.1〕△0.2 〔 0.2〕
17年3月0.0〔△0.4〕0.1〔△0.6〕△1.0〔△1.9〕
17年4月0.5〔 0.5〕0.5〔 0.2〕1.1〔 0.8〕
17年5月0.6〔 0.7〕0.7〔 0.6〕1.4〔 1.0〕
17年6月0.4〔△0.4〕0.4〔△0.5〕1.4〔 1.7〕
17年7月△0.6〔△0.3〕△0.7〔△0.6〕0.8〔 0.5〕
17年8月0.7〔0.9〕0.6〔0.7〕0.6〔 0.4〕
17年9月0.9〔0.9〕0.8〔0.6〕1.3〔1.1〕
17年10月0.20.40.7
17年11月0.90.81.0


賃金収入の増加率は全体では、3.7%と高い伸び率です。給与の増加の効果より常用労働者の増加の効果のほうが大きいです。

賃金収入の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
10月2.32.02.8
11月2.72.52.5
12月2.82.72.8
17年1月2.62.42.5
17年2月2.72.52.4
17年3月2.42.21.9
17年4月2.92.93.8
17年5月3.33.34.4
17年6月3.13.04.6
17年7月2.11.93.6
17年8月3.33.23.2
17年9月3.63.54.0
17年10月3.03.13.6
17年11月3.73.54.1


人気blogランキングでは「社会科学」の番外でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年12月確報)
「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年11月確報)」の続きで、12月分です。1月分からは常用労働者の定義が変わります。毎月勤労統計は常用労働者5人以上の事業所を対象にしていますので、対象となる事業所も変わります。落ちる事業所の労働者は新しい定義の常用労働者であっても調査対象から外れます。新たに対象となる事業所の古い常用労働者であった者は対象になっていなかったので、ここでも変化が起こります。 ...続きを見る
労働、社会問題
2018/02/23 09:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年11月確報) 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる