アクセスカウンタ

<<  2018年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
1926年のSlavary条約第7条
「1926年のSlavary条約第6条」の続きです。全体では12条ありますが、実質的な内容はここまでなので、これで翻訳を終わります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/30 22:03
25歳から54歳の男性の3月の就業率も、リーマンショック前の水準を少し超えている
「25歳から54歳の男性の2月の就業率は、リーマンショック前の水準を少し超えている」の続きです。3月もリーマンショック前の水準を少し超えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 11:49
1926年のSlavary条約第6条
「1926年のSlavary条約第5条(3)」の続きで第6条です。刑罰、制裁などを課す国内法の整備に関する規定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/28 10:28
1926年のSlavary条約第5条(3)
「1926年のSlavary条約第5条(2)」の続きです。今回で第5条は終わりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/27 11:13
1926年のSlavary条約第5条(2)
「1926年のSlavary条約第5条(1)」の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/26 16:00
1926年のSlavary条約第5条(1)
「1926年のSlavary条約第4条」の続きです。第5条では、奴隷ではないけれども労働を強制されるものを取り扱っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/24 09:36
1926年のSlavary条約第4条
「1926年のSlavary条約第3条(3)」に続いて第4条です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/23 11:29
1926年のSlavary条約第3条(3)
「1926年のSlavary条約第3条(2)」について の続きですが、3項は面白い規定です。このような規定が作られたのは、交渉の過程で各国の間にかなり大きな意見の差があり、話をまとめるため、妥協を重ねたためではないかと思われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/22 12:50
1926年のSlavary条約第3条(2)
「1926年のSlavary条約第3条(1)」の続きです。第3条でちょっと面白いと思ったのは、この場には項がないことです。現在の日本の法律なら1項、2項、3項と番号を振るでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/20 09:12
1926年のSlavary条約第3条(1)
「Slavary条約第2条(2)」の続き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/19 10:20
Slavary条約第2条(2)
「Slavary条約第2条(1)」の続きです。具体的な内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/18 15:28
Slavary条約第2条(1)
「Slavary条約第1条(2)」 で、注意すべき点はslave,奴隷が定義されていないことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/17 10:04
Slavary条約第1条(2)
「Slavary条約第1条(1)」の続きで、奴隷取引の定義です。slave tradeは奴隷貿易と訳すのが普通かもしれませんが、この条約の定義では国境をまたぐ行為に限定されていないこと、貿易には国境を超えた取引というニュアンスがあるので取引としました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/16 19:56
Slavary条約第1条(1)
第1条は定義規定です。日常用語は、しばしば多様なニュアンスを持ちますが、条約という法的な文書、権利と義務が定められる、では言葉の意味をはっきりさせておく必要があります。そのための規定です。 ここに、「Slavery」で取り上げたSlavaryの定義があります。これは抽象的な奴隷ともいうべきものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/15 08:55
Slavery
「奴隷制(slavery)条約前文(7)」の翻訳をしていて迷ったのがslaveryをどう訳せばいいのかということです。slaveという言葉が条約の中に出ていて、こちらは確実に奴隷です。他の人間によって所有されていて、働かされている人間という意味です。これとは訳し分けたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/13 11:29
奴隷制(slavery)条約前文(7)
「奴隷制(slavery)条約前文(6)」の続きです。これで前文は終了です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/12 07:33
奴隷制(slavery)条約前文(6)
「奴隷条約前文(5)」の続き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/11 12:59
25歳から54歳の男性の2月の就業率は、リーマンショック前の水準を少し超えている
1年前の「25歳から44歳の男性の2月の就業率は、リーマンショック前の水準」では、44歳まででしたが、今回は45歳から54歳までも少し(19万人、0.8%)ですが上回っています。外部の環境に不確実な要素が大きいのが気がかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/07 10:47
奴隷条約前文(5)
「奴隷条約(4)」の続き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/05 10:17
奴隷条約(4)
「奴隷条約(3)」の続き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/04 10:14
奴隷条約(3)
「奴隷条約(2)」の続き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/03 13:13
奴隷条約(2)
「奴隷条約(1)」の続き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/02 11:10

<<  2018年4月のブログ記事  >> 

トップへ

労働、社会問題 2018年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる