地方の若者の職場 その1

若者の就職 平成19年3月卒 その1」に、namiさんからコメントを、そのコメントに対する回答をhamachanからいただきました。

まあ、責任があるのかどうか分かりませんが、私も答えを。

特別有利な条件を持っているところ、例えば京都などを除き、普通の地方の話としてお読み下さい。

現在は少子化の時代ですが、子供は主に都市部で産まれています。前世代、いや、むしろ前前世代は地方で生まれ、学校卒業時に、あるいは大学入学時に都会へ移動しました。多くは次男、次女以下です。長男、長女と比べると地域的な移動が容易だったのです。また、彼らが都会へ出ていかず、農村に残ったとしたら、一人当たりの農地は狭すぎて暮らしていけないという事情もありました。

高度成長期に人口が都市部に移動した結果、産まれる子供も都市部の生まれが多いというのが現在の姿です。地方で産まれる子は少なくなっています。特に、地方で生まれた、二男、二女というのはほとんどいません。

地方で生まれた若者の職場の確保という課題にとって、これはいい面と悪い面があります。

いい面から書きますと、それほど多くの職場を作らなくてもいいと言うことです。例えば地方の高卒を全員の地元で採用しようとしても、その数はかつてほど大きくありません。就職希望者自体減っています。10年3月卒の就職希望者は30万人でしたが、9年3月卒業者では20万人です。これは全国平均ですが地方を取ると、もっと減り方は大きいはずです。いくら多く見積もっても10万人分位地方で高卒求人を増やせば、高校生の問題は解消するはずです。

悪い面を言うと、彼らを高度成長期のように都市部に移すという訳にはいかないということです。19年3月卒業者であれば、東海、東京圏に行く気になれば、数年前、例えば求人倍率が0.5しかなかった15年3月卒業者に比べてかなり容易に職場を探せるでしょうが、希望者は少ないと思います。

hamachanさんご指摘のように非正規労働の形で広域移動が行われているので、「当面の政策課題」としてその改善を図るという「事実上の広域移動政策」をとったとしても、そもそも移動すること自体が希望に反しているのですから、次善の策にとどまると思います。

その意味では、namiさんご主張の地方に職場を作るという政策には賛成です。ただ、hamachanさんご指摘のように地方の力で企業を誘致するのも、起業するのもそう簡単ではありません。

いくつか、私が可能性があると思っているものがあります。

経済が安定的に拡大を続けたときに、正規労働者(候補)を求めて、企業が地方に進出しないかと言うことです。東海、東京では、どうしても労働力が確保できないとなったとき、地方に目がいく可能性は残っています。ですから、経済政策は下振れリスクを、十分意識しながら進めるべきです。

(続く)

人気blogランキングでは「社会科学」の21位でした。クリックありがとうございました。ここをクリック ↓お願いします。
人気blogランキング









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hamachan
2006年09月19日 13:48
私は、地域問題を考える上で、これから人口減少社会になっていくという条件を抜きにできないと思います。地方になればなるほど、集積効果が働きにくくなっていくわけで、「企業が地方の進出」というシナリオは望み薄のような気がします。
地方の若者はますます少数派になり、取り残され、忘れられた存在になっていく、そこから逃れようと、個別に都会に出て行き、ますますこれが昂進する、と。
rascal
2006年09月19日 22:42
高度成長期は、産業構造が農業から製造業へと大規模にシフトする時代にあたるので、農村部から都市部への人口移動は比較的スムースで、また高い労働供給が限界生産力以下の水準での雇用を可能にしたため、高い水準の設備投資が可能となり、高成長を後押しし正のスパイラルを生み出したという面があったのだと思います。現在においても、大都市にしか質の高い雇用がないという状況になれば、いずれ(つまり長期においては)人口移動は自然に進むのでしょう。しかしながら、現在は、地域の産業振興や失業問題の解決のため、何らかの方策を求められている、ということなのだと思います。そのような状況を一旦受け入れた上で、政策的な対応を考えると、これこそ、社会学・経済学に跨って、主張のコンフリクトを起こす大きな議論を生じさせますね。
rascal
2006年09月19日 22:42
一方の極には、産業政策と労働力の需給調整機能によって「計画的な」地域政策を実施すべしという考え方があるし、もう一方の極には、地方分権を一層押し進め、地方の自立と雇用創出を促すような「リベラルな」地域政策を実施すべし、という考え方がある。(逆に、従来のばらまき型で、再び非効率な財政政策を始める可能性も...orz)いずれにしても、人口移動が可能な範囲で、地方の拠点都市への産業集積が進み、そのことによって高い付加価値創出と質の高い雇用の創出を、各拠点都市毎に可能になるような形に持っていく必要があると思います。それこそ、本来の意味での「国土の均衡ある発展」と呼べるものでしょう。
hamachan
2006年09月20日 10:37
そこが、ソーシャルというか、パターナリズムというか、ある程度集積が見込める地方の中核地域を意識的に育成していくという政策をとれるかですね。リベラルからの原理的反対は当然あるわけですが、それよりも、中核地域育成で切り捨てられる「見込みのない」地域が。俺たちをどうしてくれると喚いて、結局広く薄く、カネだけはたくさん食うけど、役には立たない程度にばらまくという最悪の選択になってしまう可能性が高いのかなあ、と。
この辺は政治のゲーム理論で扱う領域なんでしょうか。
馬糞
2006年09月20日 15:57
>中核地域育成で切り捨てられる「見込みのない」地域が
>俺たちをどうしてくれると喚いて、
ま、それが稲葉先生の言うヘタレ左翼って奴なんでしょう
けど
rascal
2006年09月20日 23:22
「ヘタレ左翼」と言うよりは、「ソシアル」なものに潜む陥穽、といった感じでしょうかw

>リベラルからの原理的反対と見込みのない地域の嘆き
90年代の就業者の動きをみたときに1つ特徴的だったのは、建設業の増加です。国際的に比較しても日本の建設業の構成比は結構高い。「計画的な」地域政策を採る場合の最大の問題は後者、という話に納得ですし、ばらまき型財政によって生じる経済の「ひずみ」も結構重要な問題だろうと思います。加えて、前者に関連して言えば、政治的には(恐らく法律の上でも、)概ね決着がついているのではないか、つまり、「リベラル」な地域政策の方向へ既に梶は切られているのではないか、という気が個人的にはしております。行政組織などは未だ「計画的な」地域政策を志向した形態であり、一層の地方分権という方向には進みにくい「歴史依存性」があるのかも知れませんが、少なくとも、地方分権の建前の下に、広域的な自治体ごとに中核地域が形成されていく風な形が望ましいのではないかと思います。
ふま
2006年09月21日 03:19
> 地方分権の建前の下に、広域的な自治体ごとに中核地域が
> 形成されていく風な形が望ましい
漏れもそう思う。地方分権の建前を嫌う人もいるようですが
地方贔屓
2006年09月21日 19:53
失礼します。
皆様が仰ることもごもっともなのですが、環境保全・農業・観光という視点から地方の存在意義を考える時、「長期的な人口移動(つまり一層の過疎化)」という命題はにわかに肯首しえないと感じます。これは規範的な違和感です。
経済・社会政策論の中心で活躍されている有能な方々にこそ、辺縁領域への目配りをお持ちいただき、真に持続可能な新国土イメージの構築に寄与していただければと願う者です。

この記事へのトラックバック

  • 地方の若者の職場 その2

    Excerpt: 「地方の若者の職場 その1」に、hamachanさん、rascalさんを始め皆さんから多数のコメントを頂きました。そのお返事を兼ねて前回の続きです。 Weblog: 労働、社会問題 racked: 2006-09-23 23:12