実際に支払われている老齢年金はどれぐらいの額なのか?

「ホントに年金もらえるの?」について」では、理屈の話をしましたが、今回は実態です。
厚生労働省の平成18年老齢年金受給者実態調査です。サンプル調査で、回収率が低いので、多少の誤差はあるでしょう。


公的年金の受給額(65歳以上70歳未満)(万円)
組み合わせ男性女性
総計179.693.2
共済・厚生年金もあり200.9111.5
国民年金だけ58.265.3


注意が必要なのは、若い時厚生年金の適用事業所に勤めていたり、公務員だったりしたことのある人は、その期間が短くても「共済・厚生年金もあり」に分類されていることです。

もうひとつ、パートなどで配偶者の被扶養者になっている場合は、専業主婦と同じで国民年金になっていることです。年金上は被扶養の範囲で働いている方は専業主婦・主夫と同じ扱いです。

平成18年に65歳以上70歳未満ですと、1936年(昭和11年)から1941年(昭和16年)ぐらいに生まれ、1956年(昭和31年)から1961年(昭和36年)ぐらいに成人されている皆さんです。

国民年金は1961年(昭和36年)4月から年金保険料の徴収を始めています。ですから、40年の完全加入はできなかった方が含まれています。

共済・厚生年金もありでは、男性のほうが多いのですが、これは賃金の差と共済・厚生年金の加入期間の差の両方の影響です。若い時、厚生年金でその後はずっと被扶養者の場合、純粋な厚生年金の額は小さくなりますから。

国民年金だけでは、女性のほうが多くなっています。この理由はよくわかりませんが、自営業主は納付しない場合があるのに、被扶養者は納付しなくてもいいからではないでしょうか?

ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では76位でした。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 3号被保険者制度は不公平か?

    Excerpt: 「実際に支払われている老齢年金はどれぐらいの額なのか?」で、実態の話をしましたが、今回は制度論です。制度の中で最も話題になりやすいのが、第3号被保険者制度でしょう。 Weblog: 労働、社会問題 racked: 2009-07-08 11:27
  • 物価スライド、物価スライド特例措置、物価スライド特例水準

    Excerpt: 「実際に支払われている老齢年金はどれぐらいの額なのか?」で、現実に支払われている年金の額を紹介しました。 Weblog: 労働、社会問題 racked: 2011-04-19 16:35