「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文...

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文修正」について」の続きです。


前文

この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値に関する信念をあらためて確認したことを心に留めて、

すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準として、国連総会によって公布された世界人権宣言が、何人も、奴隷にされ、又は苦役に服することはなく、奴隷制度及び奴隷売買は、いかなる形においても禁止すると述べていることを考慮し、

1926年9月26日にジュネーヴで署名された、奴隷制度と奴隷売買の禁止を確実にすることを目的とする、奴隷制度条約の締結以来、さらなる進歩がこの目的のためになされたことを考慮し、

1930年の強制労働条約とそれに続く国際労働機関の強制労働に関する行動にかんがみ、

しかしながら、奴隷制度、奴隷売買、奴隷制度に類似した制度及び慣行が世界のすべての部分ではまだ廃止されていないことを認識し、

(中略)以下のように合意した。

人気blogランキングでは「社会科学」の8位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック